FC2ブログ

夏の愉しみ

夏の野菜たちが
少しずつ大きくなってくれています。

もう少し。もう少し。
たのしみです。

プチトマト
20200608155836d65.jpg

ズッキーニ
20200608155834a7a.jpg

かぼちゃ
20200608155833cd1.jpg




*************************
スポンサーサイト



| 日記 | 16:01 │Comment- | Trackback-│編集

お味噌

昨年2月に仕込んだ
お味噌の樽を開けました。

お味噌を作り始めて8年目。
毎年蓋を開けるときは感動します。
片隅に置かれた樽の中で
静かに静かに、でもちゃんとお味噌に
なってくれています。

大豆と麹と塩を
混ぜ合わせることはできるけれど
「お味噌」にすることはできません。
そこから先は発酵の力が
「お味噌」を作ってくれます。

小さな樽の中の
頼もしい発酵の力に
感謝です。

202004271423411be.jpg

20200427142342c8c.jpg




++++++++++++

| 日記 | 16:15 │Comment- | Trackback-│編集

「みずうみ」

「みずうみ」

<だいたいお母さんてものはさ
しいん
としたとこがなくちゃいけないんだ>

名台詞を聴くものかな!

ふりかえると
お下げとお河童と
二つのランドセルがゆれてゆく
落ち葉の道

お母さんだけとはかぎらない
人間は誰でも心の底に
しいんと静かな湖を持つべきなのだ

田沢湖のように深く青い湖を
かくし持っているひとは
話すとわかる 二言 三言で

それこそ しいんと落ちついて
容易に増えも減りもしない自分の湖
さらさらと他人の降りてゆけない魔の湖

教養や学歴とはなんの関係もないらしい
人間の魅力とは
たぶんその湖のあたりから
発する霧だ

早くもそのことに
気づいたらしい

小さな
二人の
娘たち

『おんなのことば』 / 茨木のり子 著 (童話屋 1994.8 刊)より

折りに触れ
茨木のり子さんのいくつもの詩に
支えられています。

私のみずうみは...
些細なことですら波立ち、
涸れてしまいます...
これから幾つ歳を重ねても
しいんと静かな水面を
湛えていられるようになれるかどうか...
でもそうありたいという思いは
持ちつづけていたいなと思います。




+++++++++++++++++++




| 「本のこと」 | 14:53 │Comment- | Trackback-│編集

今月は営業を見合わさせていただきます。

春の陽気は
素直にやって来てはくれませんね。
冷たい風とみぞれの
冬に逆戻りの日になりました。

今月の営業についてですが

今月は
営業を見合わさせていただくことに
いたしました。


2月のお店の日に3月の営業日を
ご案内させていただいたお客さま、
大変申し訳ございません。


心配なこと、不安な気持ちが一日も早く
解消されてゆきますように。

また、ホッと一息珈琲の時間を
たのしんでいただけるよう
お客さまをお迎えさせていただけたらと
思っております。
そのときは、またどうぞよろしくお願いいたします。

20200316154358393.jpg




+++++++++++++++

| 営業日のおしらせ | 16:12 │Comment- | Trackback-│編集

ありがとうございました!

昨日もお陰さまで
お店を開けさせていただくことができました。

冷たい雨の日となりましたが
おもいのほか、たくさんの
お客さまに足をおはこび頂き
あたたかくにぎやかな時間を過ごさせて
いただきました。
ありがとうございました。

バタバタとしてしまう時間があったり
お客さまとゆっくりお話しさせていただける
時間があったりと
色々な感じになってしまいますが...
komorebinoshitaで過ごしていただく時間が
心地良いものでありますようにと
その気持ちを大切に進んでいきたいと
思っています。

お店を開けられる日がとても少ないですが
またどうぞよろしくお願いいたします。

20200223142141eb3.jpg





**********************

| 日記 | 15:07 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

プロフィール

komorebinoshita

Author:komorebinoshita
木洩れ日の下には
心地よい時間が流れています。
ゆらゆら揺れる木の影
木の葉の音
気持ち良い風。
そんな場所で珈琲やお菓子を
楽しんでもらえるような
お店になっていけたらと思っています。

不定期な更新ですが
気長にお付き合いお願いします。
*** *** *** *** *** *** ***

珈琲は全てスペシャルティ豆を
使っています。
おやつは産地の分かるもの
旬のものを
積極的に取り入れ
できるだけ添加物を使わず
素朴でからだに負担の少ないものを
心がけて作っています。

検索フォーム